1月4日(日) 2nd・第6節 豊田自動織機 17−40 近鉄

IMG_2095 (2)

1月4日(日) 2nd・第6節 豊田自動織機 vs 近鉄

2015年1月4日(日) 13:00キックオフ グラウンド:三重県営鈴鹿スポーツガーデン
レフリー:町田裕一 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:藤内有己 / 杉戸大樹 / 谷村勝
豊田自動織機
シャトルズ
近鉄
ライナーズ
17 FULL TIME 40
10 前半 12
7 後半 28
 勝点
0
詳細(TL公式)  勝点
5

◎レポート
セカンドステージ第6節グループB、豊田自動織機シャトルズ対近鉄ライナーズのゲームが三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で行われた。

先制したのは豊田自動織機。1分、相手陣10m付近からCTBジェラートがPGを決める。対する近鉄は9分、相手陣ゴール前で相手ボールスクラムを押し込み、ペナルティを得る。再びスクラムを選択し、フェーズを重ね、最後は左に大きく展開して左WTBテイラーが左隅にトライ、コンバージョンも成功して3対7と逆転する。さらに19分、近鉄は自陣10m中央ラックから左に展開し、左WTBテイラーがラインブレイク、そのまま走り切り、左中間にトライ、3対12とリードを拡げる。ここからは豊田自動織機が攻め続ける。

27分、相手陣22m内のラインアウトから攻めるが、アクシデンタルオフサイド。直後のスクラムで近鉄がコラプシング。ペナルティでラインアウトを選択し、FWを中心にフェーズを重ねるがスコアできなかった。33分にも相手陣深くまで攻め込むも反則でチャンスを活かせなかった。このまま前半終了かと思われた40分、相手陣22m付近中央ラックから出たボールに豊田自動織機SO長谷川が走りこみ、そのまま中央にトライ、ゴールも成功し、10対12と点差を縮めて前半を終了する。

後半は近鉄のペースでゲームが進む。6分、ゴール前スクラムを押し込み、FL辻がトライ、ゴールも成功し10対17とする。14分には相手陣22m内のラインアウトからモールを形成しドライブ、FLタウファ統悦が抜け出しトライ、ゴールも成功し10対26とする。さらに17分にはHL付近で豊田自動織機がノックオンしたボールを左WTBテイラーが拾い、そそまま走り切り左中間にトライ、ゴールも決まり10対33とリードを大きく拡げる。

対する豊田自動織機は何度も相手陣深くまで攻め込むが得点には結びつかなかった。しかし、33分、途中出場の坂井がハーフウエイライン付近でラインブレイク、右WTB赤石へのラストパスがTMO判定の結果トライが認められる。ゴールも成功し、17対33と反撃。しかし終了直前に近鉄はキャプテンの豊田がトライ、ゴールも決まり17対40としてノーサイドとなった。なおこの試合のMOMには近鉄ライナーズのアンドレ・テイラーが選ばれた

(会見ダイジェスト)
○豊田自動織機シャトルズ 丹生ヘッドコーチ
勝ちにいったゲームだったが、大差のつく試合になってしまい 残念。あと1試合、勝てるように頑張りたい。

○梅田キャプテン
個々の場面ではいいところがあったが、トライを取りきれなかった。うちのミスを突かれ、一発で取られた感じだ。あとがないので次のゲームを頑張りたい。

○近鉄ライナーズ 前田監督
豊田自動織機さんの鬼気迫る思いを上回る気持ちでいこうと思っていた。前半はペナルティが多く、リズムに乗りきれなかった。そのあたりを修正し、後半はかなりうまくいった。週末は大切な試合になるのでしっかり準備したい。

○豊田キャプテン
ファンのみなさまの多くの声援があり、ホーム花園で戦っているような感じがした。前半もいいディフェンスをしていたが、攻撃的でなかったのかもしれない。ハーフタイムでしっかり修正し、後半はディフェンスからのターンオーバーからトライを取れてよかった。後半のような状態で日本選手権でも戦えるようにしたい。

(文責:後藤 樹雄 写真:粕谷忠史 広報担当:山中茂生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る