11月1日(土) 第4節 天理大学 14-29 京都産業大学

SONY DSC

関西大学Aリーグ 第4節

2014年11月1日(土) 14:00キックオフ グラウンド:大阪市鶴見緑地球技場 入場者数:1257人 天候:くもり/無風
レフリー:落田佳宏
アシスタントレフリー:真崎智史 / 河村隆史 / 實野隆一
天理大学 京都産業大学
14 試合前 29
 7 前半 15
 7 後半 14
詳細(PDF)

◎マッチサマリー
前節は関西学院大学に1点差負けと悔しい敗戦を喫した天理大学、逆に開幕から一戦ごとに調子を上げてきてここまで3連勝の京都産業大学、両チームともこの一戦が優勝争いに絡むための勝負どころ。京産大の風下からのキックオフ。

12分に京産大はゴール前15mスクラムから8番高田薫平が持ち出し、9番梁正秋から14番森田慎也へつなぎ右隅に先制トライ、29分にもスクラムから8-9番で起点を作り15番安田克弘がインゴールへキック、これを11番坂本英人が押さえる。一方の天理大は31分に自陣ラックから9番藤原恵太、15番白井竜馬、2番高部大志とつなぎキャプテンの10番斉藤遼太郎が中央へトライ、7-15と京産大がリードして折り返すが、前半はほとんど天理陣内での京産大ペースでゲームがすすむ中、PKでタッチを蹴らずにPGを3本狙った京産大の得点に対する貪欲さにこの一戦に対する執念を感じた。

後半に入って11分、京産大がゴール前左ラックから9番梁、10番金 榮均とつなぎ中央にトライ。天理大は33分にゴール前ラインアウトモールを押し込み8番内山朝日が左隅に押さえ、12-22と食い下がる。しかし38分に京産大はゴール前スクラムからまたも8番-9番でサイドを突きSH梁が左中間にトライし14-29と突き放した。

MOMはメンタル、パフォーマンス両面で強気でチームを引っ張ったキャプテン梁正秋が選ばれた。天理大の多彩で激しい攻撃に対し何度もピンチから脱した京産大の執念のDFとエリアマネジメントの勝利といえよう。

【京都産業大学 大西健 監督】
今日は本当にいいゲームでした、一つひとつのゲームが財産になって、チームが自信と信頼を築きあげてきています。2週間あるのでケガ人のケアも含めてしっかり調整していきます。

(記事:北畑幸二 写真:玉川育夫、前田寛文)

[table “51” not found /]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

9月14日(土)
ムロオ2019関西大学A
関西学院
立命館大
ムロオ2019関西大学A
近畿大学
京都産業
9月15日(日)
ムロオ2019関西大学A
大阪体育
同志社大
ムロオ2019関西大学A
天理大学
摂南大学

ページ上部へ戻る