9月16日(日) トップチャレンジ1 第2節 NTTドコモ 31-12 三菱重工相模原

DSC_2136
トップチャレンジリーグ 1stステージ 第2節
NTTドコモ VS. 三菱重工相模原

2018年9月16日(日) 17:00キックオフ グラウンド:キンチョウスタジアム
NTTドコモ 三菱重工相模原
31 FULL TIME 12
21 前半 5
10 後半 7
詳細(PDF)

マッチレポート

昨年度のTL入替戦でロスタイムに日野に逆転されて降格したNTTドコモと入替戦で力及ばなかった三菱重工相模原の一戦。トップチャレンジリーグ初戦を勝利した両チームは強豪同士の対決にも勝利して勢いに乗りたい。試合開始前の夕立も上がった大阪・キンチョウスタジアムで三菱重工相模原SO10番ダニエル・ホーキンスのキックオフで開始された。
DSC_0734
先手を取ったのは風上のNTTドコモ。開始直後の2分にFWのラインブレイクで三菱重工相模原のゴール前に迫るり、右展開してWTB14番スルンガ・ラリースティーブンが右隅に押さえた。さらに5分には相手ボールをインターセプトしたSO10番マーティー・バンクス、10分にFWプレイからLO4番杉下暢が立て続けにトライを奪い、21-0とリードした。一方の三菱重工相模原も22分に22ml付近から左展開して№8・8番土佐誠が左隅に押さえて21-5と反撃の兆しを見せたが、その後は両チームともチャンスを活かせず得点できない。
DSC_2136
後半も4分、9分に両チーム1トライずつを挙げたが、やはりその後はミスや反則で得点できず、開始直後のリードを守り切ったNTTドコモが31-12と三菱重工相模原を突き放して開幕2連勝とした。


開幕直後の強豪同士の対決とはいえ、両チームともに安易なミスが目立ち、まだまだ本調子とは言えない。多くの世界的プレイヤーが所属し、厳しい試合でしのぎを削っているトップリーグ勢の試合とは少しレベルの差が見受けられる。


会見レポート

三菱重工相模原ダイナボアーズ
グレッグ・クーパーHC
最初に14点を奪われたことがとても大きく、スタートはあまり良くなかった。その後、アタックで沢山チャンスはできたが、最初の失点が大きく、力及ばなかった。沢山課題はあるが、特にセットピース。ラインアウトやスクラムには不満が残る。そのあたりを重点的に修正してフィニッシュに結び付けたい。

NTTドコモレッドハリケーンズ
マイケル・ブリューワーHC
今日は良いプレイも沢山あって、ひとり一人が自分の仕事ができれば非常に良いパフォーマンスが発揮できていたと思う。ただ逆に考えすぎてそれができていないと、同じチームとは思えないようなシーンも多くあった。沢山課題はある。良い勝利だったが自分たちを理解して、相手に常にプレッシャーをかけ続けられるチームにならないといけないと考えている。

(文責:大阪府協会 石川 悟)


フォトギャラリー

撮影者:KRPU 小川高志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程



関西セブンズ 社会人・クラブの部

1回戦
10:00 中部電力 52-0 三島クラブ
10:20 ユニチカ 17-28 愛知教員クラブ
10:40 JR西日本 24-12 芦屋クラブ
11:00 大阪ガス 24-19 六甲ファイティングブル

2回戦
11:50 三島クラブ 0-52 ユニチカ
12:10 芦屋クラブ 10-36 六甲ファイティングブル

準決勝
12:30 中部電力 24-12 愛知教員クラブ
12:50 JR西日本 26-17 大阪ガス

5位決定戦
14:20 ユニチカ 5-28 六甲ファイティングブル

3位決定戦
14:40 愛知教員クラブ 26-19 大阪ガス

決勝
15:00 中部電力 19-12 JR西日本

関西セブンズ 大学の部

1回戦
10:20 IPU環太平洋大学 31-10関西大学
10:40 大阪体育大学 5-48 摂南大学

2回戦
11:00 近畿大学 31-36 関西学院大学
11:20 京都産業大学 14-19 同志社大学
11:40 天理大学 44-7 IPU環太平洋大学
12:00 摂南大学 31-12 立命館大学

プロップセブンズ
12:30 レッド 19-15 ブルー

準決勝
13:10 天理大学 12-33 関西学院大学
13:30 同志社大学 29-19 摂南大学

エキシビジョンマッチ
14:00 近畿大学 47-19 立命館大学
14:20 京都産業大学 29-7 関西大学
14:40 IPU環太平洋大学 27-5 大阪体育大学

決勝
15:10 関西学院大学 21-26 同志社大学

ページ上部へ戻る