1月21日(日) 六甲 12-9 駒場

DSC_2470
第25回全国クラブラグビーフットボール大会 2回戦
六甲 VS 駒場WMM

2018年1月21日(日) 12:00キックオフ グラウンド:宝が池球技場
六甲 駒場WMM
12 FULL TIME 9
前半
12 後半
詳細
(TL公式)

マッチレポート

駒場WMMの先蹴で始まったゲームは、積極的にボールを動かす駒場に対し、六甲が我慢のディフェンスを重ねる展開に。
16分 六甲陣内22mやや右中間でのノットロールアウェイから得たPGチャンスを、駒場FB15鈴木がキッチリ決め、0-3とリードする。
中盤を過ぎた辺りから六甲が連続アタックを繰り返すものの、駒場の粘り強いDFに手を焼き、スコア出来ない。
一方の駒場も六甲の鋭いディフェンスに、トライチャンスを見出せない。どちらも身体を張ったディフェンスに、一進一退の攻防となったが、前半ロスタイムに、六甲陣内30m中央付近で得たPGを再び駒場FB15鈴木が決め、0-6とリードを拡げる。

DSC_1629

後半も、駒場ディフェンスの粘りに遭い、苦しむ六甲は47分ラックから出たボールを、CTB12前田がインゴールへショートパント、インゴールに転がったボールをWTB11三木が押さえT、(G不成功5-6)ようやくスコアすると、続く54分自陣22m付近での相手ラインアウトからのこぼれ球に反応した六甲は、BKが繋ぐとCTB13村尾が60mを快走し、左中間へT(G成功12-6)と逆転、初めてゲームの主導権を握る。

DSC_3509

粘る駒場は62分、六甲陣22m中央からPGを決め(12-9)追いすがると、残り10分では六甲ゴール前でフェイズを重ね、両チーム必死の攻防となるも、六甲の分厚いディフェンスはゴールを割らせずタイムアップ。辛くも準決勝進出を決めた。

(文責:廣島 治)

フォトギャラリー

■撮影:KRPU 小川高志


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Jamboree2018

7月1日(日)
大学春季T 決勝
天理大学
同志社大学
6月23日(土)
日本代表
日本代表
28
0
ジョージア代表
6月16日(土)
日本代表
日本代表
22
25
イタリア代表
6月2日(土)
大学春季T 2回戦
天理大学
関西学院大学
5月27日(日)
大学春季T 2回戦
京都ラグビー祭
同志社大学
42
12
京都産業大学
5月27日(日)
大学春季T 1回戦
関西大学
関西学院大学
5月27日(日)
Spring Carnival IN NARA
天理大学
24
17
明治大学
5月20日(日)
大学春季T 1回戦
近畿大学
京都産業大学
5月12日(土)
大学春季T 1回戦
天理大学
大阪体育大学
5月5日(日・祝)
大学春季T 1回戦
同志社大学
33
17
立命館大学
5月3日(木・祝)
ムロオpresents
NZU
関西学生代表

LINE_800

ページ上部へ戻る