12月21日(日) 大学選手権 早稲田大学 18−17 同志社大学

1121
12月21日(日) 大学選手権 早稲田大学 VS 同志社大学

2014年12月21日(日) 12:00キックオフ グラウンド:近鉄花園ラグビー場
レフリー:
アシスタントレフリー:
早稲田大学 同志社大学
18 FULL TIME 17
10 前半 7
8 後半 10
詳細
(日本協会公式)

◎レポート

2014年-15年の大学選手権大会、第1戦を終えてプールD2位の早稲田大学と、3位の同志社大学との1戦、大学選手権大会の帰趨に無論関心は向かうが、それ以上に滅多に見られない東西の伝統校同士の対決にファンは固唾を飲む。

試合は、早稲田の風上からのキックオフで始まるが、同志社、早稲田のキックオフのボールを展開しようとしていきなりノックオン、この後、自陣のゴールラインを背負った戦いを強いられる。これに対して早稲田大学は、テンポよくボールを進め、5分、⑩1年生の司令塔横山がDFの裏にグラバーキック、自らキャッチし同志社陣深く入ってラックを形成し、そこから⑨岡田、④キャプテン大峯と繋ぎ中央にトライ(7-0)と先制する。

この後も早稲田の鮮やかなライン攻撃に、同志社防戦一方となるが、16分早稲田のペナルティで早稲田陣に攻込み、19分ゴール前30m左中間の相手ボールスクラムで⑨一年生の大越がスティール、サイドを衝いて、真っ直ぐに駆け抜けトライ、7-7の同点とする。この直後24分に早稲田、相手のノット・ロール・アウエイの反則でハーフ・ウエイ付近中央から⑩横山PGを見事に決め10-7とする。しかし、この後は両チーム互いに譲らず、そのまま前半終了となる。

後半に入ると風上に立った同志社が自らのペースを取り戻し、押し気味に試合を進める。そして、10分同志社、早稲田のペナルティから⑨大越が速攻、大きくゲインし、ゴール前20m中央でラックを形成して右展開、⑨大越から⑫木村に繋ぐと、木村はこれを大外の⑭エース松井に飛ばしパス、松井そのまま右隅に飛込み、10-12と逆転、この試合初めてリードを奪う。しかし、今度は早稲田、同志社が嵩にかかって攻め立てようとするところ、20分、相手スクラムサイドに素早く仕掛けてターン・オーバー、⑭荻野に繋いで荻野そのまま右タッチ際を50m以上走り切りトライ、15-12とすると、さらに、30分には相手のノット・ロール・アウエイの反則から⑩横山PGを決め18-12とし1T/G近い差に突き放す。しかし、この日の同志社はここであきらめるようなことをしない。

果たして38分に相手ペナルティからゴール前5mのラインアウトを得て、モールドライブ、⑦キャプテン田淵がイン・ゴールで押さえ、18-17と1点差まで迫る。ここで大逆転のコンヴァージョン・キックを、右中間から⑪宮島が慎重に狙うが、イン・コンプリート、18-17の一点差のまま熱戦に終止符が打たれた。試合後の会見で同志社大キャプテンの田淵は、「相手の反則に対しPGを狙うこともできたのではないか?」との質問に、「最初からトライを取りに行くつもりだったので悔いはない。」と答えた。では、何が同志社大を勝利へと導かなかったのか、山神監督は、早稲田のリサイクルする高い意識と二人目のラックへのからみをわずかな力の差として挙げた。課題は見えている、これからの同志社大学の精進、活躍に期待したい。

(会見ダイジェスト)
同志社大学 山神孝志 監督
関東のチームに勝つことを一つの目標にしてきたので、あともう少しだったが、結果的に勝ち切れなかったのは非常に残念というのが率直な感想だ。だが、今までやってきたことは随所に出ていたのかなと思う。ラインアウトも苦戦をしたが、後半はほぼ取れていたし、スクラムも才田選手がかなり無理をして出場してくれて、その頑張りで優位に立てたというのが大きかったと思う。学生たちは80分間死力を尽くしてくれた。早稲田は一瞬の隙をついて獲ったトライなどリアクションの速さなどここ一番の集中力にはまだ差があった。負けて反省をするのは辛いが、力は上がってきていると感じている。また、4年生は最後のゲームになるので、しっかり準備して最終戦に臨みたい。

―相手陣からもキックを使わないゲームプランに見えたが?
キックを使うなというゲームプランではなかった。テリトリーは取っていこうと思っていたが、藤田選手に取らしたくないということで、蹴るときは大きくタッチを切るという指示はしていた。

田淵慎理 キャプテン
結果的には負けてしまったが、1年間やってきたことを随所に出せた。ここは収穫と感じている。早稲田に対して自分たちの強みを出せたということ、これは後輩たちにはいい経験になったと思う。最終戦に向けてアタック・デイフェンスの精度をもう一度上げて、勝って終われるよう、あと1週間練習していきたい。」

―ゲームプランでの悔いはないか?(PGでの得点機会もあったと思うが)
悔いはない。本日は4トライを獲らないと勝ってもファイナルステージへの道はないので、ゲームプランとしてトライを狙いにいくというのを決めて臨んだ。

――対戦しての早稲田の感想は?
2人目が凄く早かった。ブレークダウンで一度オーバーしても、もう一度足をかいてプレッシャーをかけてくる『しつこさ』という部分で、関西のチームとは違った。

早稲田大学 後藤禎和 監督
先週の反省もふまえ、このチームは決して能力的に高い選手が揃っているわけではないということをもう一度全員で自覚し、向かっていく気持ちを前面に出して、特に試合の入りの部分で流れを掴んでいこうということで臨んだ。今日の入りは悪くはなかったが、セットプレイが不安定だった。また、相変わらず不用意なペナルティが多い。そのセットプレイのミスでトライを獲られてしまったが、もう少しシンプルに、相手陣に行って戦うというゲームプランが、何故か遂行できないというのが大きな課題。バタバタして、後半に逆転されてFWにやっと火がついて激しいプレイができたのが不幸中の幸いであった。

――苦戦の原因は?
マイボールスクラムで少し煽られたりしたこともあったが、もっとシンプルにラグビーをやっていればと思う。相手に合わしてしまって、自分たちでしんどい局面に持ち込んでしまっている。今年のチームのいつものパターンだが、まだまだ未熟。

大峯功三 キャプテン
後半のペナルティの多さがこのような展開を生んだ。キャプテンとして規律をしっかり言わないと、次の試合は絶対に負けると思うので、もう一度このチームの精度を高めるべく全員で話し合い、いい1週間にしたいと思う。

―ペナルティが多かった原因は?
同志社のプレッシャーはもちろんあったが、キャプテンとしてレフリーともう少しコミュニケーションできていたら、ここまで多くはならなかたと反省をしている。

(記事:蜷川善夫、高橋茂治、村島博 写真:ブイ・バン・ジェップ 広報担当:村島博)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

LINE_800

6月17日(土)
日本
22
50
アイルランド
6月18日(日)
京都産業大学
66
19
京産大G

同志社大学

2017anzen

ページ上部へ戻る