12月9日(土)より「3地域チャレンジマッチ」を開催します

  • 2017-11-29

12月9日(土)より、2018年度ジャパンラグビー トップチャレンジリーグへの参入をかけた「3地域チャレンジマッチ」が下記の通り開催されます。
3Area

1 主催

2017年 関東・関西・九州ラグビーフットボール協会

2 参加チーム

トップイーストDiv1 1位 栗田工業ウォーターガッシュ
トップウエストA 1位 大阪府警察
トップキュウシュウA 1位 JR九州サンダース

3 試合日程

日程時間対戦カード会場
12月9日(土)14:00大阪府警察
(トップウェストA 1位)
37-23
4勝点0
JR九州サンダース
(トップキュウシュウA 1位)
鶴見緑地球技場
12月16日(土)13:00JR九州サンダース
(トップキュウシュウA 1位)
24-60栗田工業ウォーターガッシュ
(トップイーストDiv1 1位)
グローバルアリーナ
12月23日(土)13:00栗田工業ウォーターガッシュ
(トップイーストDiv1 1位)
52-17大阪府警察
(トップウェストA 1位)
栗田工業グランド

4 順位の決定

〔1〕トップイースト1位・トップウエスト1位・トップキュウシュウ1位による総当り戦を行う。

〔2〕順位の決め方→勝ち点制を採用し対戦試合終了時点で、勝ち点の多い順に順位を決定する。
①各試合の勝ち点は、勝ち4点・引き分け2点・負け0点とする。不戦敗(棄権)は0点、不戦勝は5点とする。
*(不戦敗)チームについては通常通り記録は残すが、勝ち点が並んだ場合、当該チーム間のうち最下位扱いとする。

②また、ボーナス点として以下の勝ち点を与える。
a.負けても7点差以内ならば、勝ち点1点を与える。
b.勝敗に関係なく、3トライ差以上獲得したチームに、勝ち点1点を与える。

③全試合終了時点で勝ち点が同じ場合、次の各号の順序により順位を決定する。
a.勝利数の多いチームを上位とする。
b.全試合の得失点差の多いチームから上位とする。
c.当該チーム同士の試合で、勝ち点の多いチームを上位とする。
d.当該チーム同士の得失点差の多いチームから上位とする。
e.全試合の総トライ数が多いチームを上位とする。
f.全試合のトライ後のゴール数が多いチームを上位とする。(ペナルティートライはゴール成功とカウントする)
g.当該チームで抽選を実施

5 トップチャレンジリーグへの昇格゙・地域リーグ残留

1位:トップチャレンジリーグへ自動昇格
2位:トップチャレンジリーグ入替戦へ進出 (対トップチャレンジリーグ7位チーム)
3位:地域リーグ残留

6 グラウンド案内

鶴見緑地球技場: 大阪府大阪市鶴見区浜1丁目1−37

グローバルアリーナ: 福岡県宗像市吉留46−1

栗田工業グランド: 厚木市まつかげ台58-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Jamboree2018

6月16日(土)
日本代表
日本代表
22
25
イタリア代表
6月2日(土)
大学春季T 2回戦
天理大学
関西学院大学
5月27日(日)
大学春季T 2回戦
京都ラグビー祭
同志社大学
42
12
京都産業大学
5月27日(日)
大学春季T 1回戦
関西大学
関西学院大学
5月27日(日)
Spring Carnival IN NARA
天理大学
24
17
明治大学
5月20日(日)
大学春季T 1回戦
近畿大学
京都産業大学
5月12日(土)
大学春季T 1回戦
天理大学
大阪体育大学
5月5日(日・祝)
大学春季T 1回戦
同志社大学
33
17
立命館大学
5月3日(木・祝)
ムロオpresents
NZU
関西学生代表

LINE_800

ページ上部へ戻る