2017ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第2節・前半の見どころ

  • 2017-10-5

第2節・前半の見どころ

10月8日(日) @京都・宝が池球技場
12:00K.O. 摂南大学 vs. 近畿大学
14:00K.O. 天理大学 vs. 関西学院

★摂南大学 vs. 近畿大学★

setsunan_kinki
初戦を落とした近畿大学は、優勝戦線に残る為にはもう負けられない。機動力のあるFW第3列の田中伸、酒井を軸にFW戦を有利に運び、SO喜連のエリアマネジメントでゲームをコントロール出来れば、決定力のあるバックスリー岩佐、川井、山田が得点に絡むことが出来る。一方の摂南大学は、初戦の京産大戦ではスクラムで苦戦したことからも、先ずは安定したセットプレーの獲得がポイントになる。攻撃権を獲得できれば、攻撃の要であり、フィニッシャーでもあるタンギパ、トゥアが存分に攻め込み、浅田主将を始めとしたサポートプレーも生きてくる。両チームともに連敗は避けたいこの試合は、FWの出来が鍵になるだろう。

★立命館大学vs.天理大学★

tenri_kwanseigakuin
優勝候補の天理大学は、立命館大の思い切ったディフェンスに手こずりながらも、苦手な初戦を危なげなく勝ち取った。新戦力である藤原、松永の1年生HB陣は、随所に好プレーを見せ、シオサイアや井関のキーランナーを生かす。初戦では小粒ながらも強力なFW陣が、不完全燃焼であったセットやモールプレーで有利に戦えれば、得点力は一段と増すだろう。対する初戦を見事な逆転で勝利した関西学院大学は、最高のスタートを切った。赤壁主将を中心とした粘り強いディフェンスは、牟田新監督の下、練習量の多さを感じさせる。好選手の揃うBK陣では、スピードのあるSO山田がラインブレイクの機会を作り、決定力のあるバックスリーを走らせる。連勝を狙う両チームの戦いは、修正してくると見られる天理大FWと、勢いのある関西学院大FWとのセットプレーが試合展開の鍵を握りそうだ。

関西大学ラグビーリーグ委員 中尾晃


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Jamboree2018

6月16日(土)
日本代表
日本代表
22
25
イタリア代表
6月2日(土)
大学春季T 2回戦
天理大学
関西学院大学
5月27日(日)
大学春季T 2回戦
京都ラグビー祭
同志社大学
42
12
京都産業大学
5月27日(日)
大学春季T 1回戦
関西大学
関西学院大学
5月27日(日)
Spring Carnival IN NARA
天理大学
24
17
明治大学
5月20日(日)
大学春季T 1回戦
近畿大学
京都産業大学
5月12日(土)
大学春季T 1回戦
天理大学
大阪体育大学
5月5日(日・祝)
大学春季T 1回戦
同志社大学
33
17
立命館大学
5月3日(木・祝)
ムロオpresents
NZU
関西学生代表

LINE_800

ページ上部へ戻る