6月11日(日) 第45回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル 神戸製鋼 43-17 宗像サニックス

IMG_6237第45回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル
神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs 宗像サニックスブルース

2017年6月11日(日) 14:30キックオフ グラウンド:神戸総合運動公園ユニバー競技場 入場者数:ー 天候:ー
レフリー:ー
アシスタントレフリー:ー
神戸製鋼 宗像サニックス
43 試合前 17
19 前半 5
24 後半 12

マッチ・サマリー

梅雨の最中、昼間にパラッと降られたものの、薄日も差すコンディションで行われたプレシーズンマッチ。2017~2018シーズン早々の8月26日(土)、同じスタジアムでの対戦が決まっている両チーム。単なる‘練習試合’ではないと言える状況下、神戸製鋼先蹴りでゲーム開始。

IMG_5708

6分サニックス陣22m付近中央ラックから、SO正面のキックをWTB大橋がインゴールでおさえトライ。(G不成功)。5-0とゲームが動き出す。

C01I0537

押し気味の神戸製鋼は、サニックス陣22m付近右スクラムから左へ展開。サニックスWTBエブリンハムのハイタックルを誘い、24分ペナルティトライで7点追加(今季からのルール改正により、無条件にてG追加)、12-0。このペナルティで11番アンドリュー・エブリンハムがハイタックルを取られシンビン。10分間の退場となる。

エブリンハムをシンビンにて10分間失ったサニックスだが、負けじと反撃に転じる。
直後の26分、神戸製鋼陣ゴール前でキックチェイスの末、SH濱里からCTB村上へボールをつなぎ、トライ。G不成功で12-5。

A55W2992

前半終了間際、神戸製鋼はサニックス陣ゴール前左中間ラックから左へ展開。素早いパス回しからSO正面のパントをCTB南橋がインゴール左中間でおさえトライ。鮮やかなプレーに会場から歓声が上がる。G成功19-5で前半を折り返す。

後半も先制したのは神戸製鋼。神戸製鋼陣10m中央付近から果敢にキックカウンター。WTB林が約50mを走り切り、右隅にトライ(G成功26-5)。

突き放されたサニックスだが、54分神戸製鋼陣ゴール前右中間スクラムからNO.8新井が左へ持ち出しトライ。G不成功で26-10。更に56分にも連続トライを奪い、Gも成功し26-17と迫る。

C01I0732

ゲームの流れはサニックスかと思われたが、66分サニックス陣22mラックから左へ展開。ゴール前で粘って、WTB大橋が左隅へ今日2本目のトライ。G不成功も31-17と突き放す。

流れを手繰り寄せた神戸製鋼は、73分途中出場のニューフェイス清水が、サニックスゴール前での華麗なステップでトライ。自らGも決める(38-17)と、終了間際の80分にも、サニックス陣ゴール前中央ラックより右へ展開。SH徳田からフロントロー山崎とつなぎ、WTB林がタッチ際を走りきりトライ。43-17とし、タイムアップとなった。

C01I0717

若手中心とはいえ、神戸製鋼SO正面の巧みなアタックセンスと新加入プレーヤーの活躍、サニックスFW力強さと、随所に見どころのあったゲームであった。

試合後、グラウンドにファンをお招きしての両チームプレーヤーとのハイタッチ会を実施。サインを求める子供たちに丁寧に応対するプレーヤーを間近にして、フェスティバルならではのイベントも開催出来た。

IMG_6237

(広報:宮崎 愛佳)

フォトギャラリー

KRPU 前田寛文


KRPU 萩原康夫


KRPU 仲田剛


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

LINE_800

8月18日(金)
神戸製鋼
NTTドコモ
近鉄
豊田自動織機
トヨタ自動車
ヤマハ発電機
ページ上部へ戻る