1月4日(水) 全国地区対抗大学ラグビー大会 中部大学 88−0 札幌大学

ws_l1648
第67回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 準決勝
中部大学 vs 札幌大学

2017年1月4日(水) 14:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
中部大学 札幌大学
88 FULL TIME
39 前半
49 後半
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

暖かな日差しのなか、札幌大学のキックオフによって試合が開始された。
開始早々1分、中部大学は中盤から⑮長谷川が抜け出し左隅にノーホイッスルトライ、5-0と先制する。
チャンスをつかみたい札幌大学は中盤で細かいミスがあり勢いに乗れない。徐々に試合のペースをつかむ中部大学は相手ゴール前でチャンスを迎える。
前半13分、スクラムのターンオーバーからFWが連続攻撃、最後は⑦小堀が右中間に飛び込みトライ、10-0とする。
勢いのついた中部大学は、前半20分⑥牛丸、22分⑬岡本の連続トライ(コンバージョン成功)、さらに前半27分⑮長谷川のトライで29-0と一気にリードを広げる。
地域を進めたい札幌大学であるが、中部大学のテンポのある攻撃と圧力のかかった防御に対抗できない。
一方、中部大学はセットプレーでも圧倒、前半33分スクラムトライ 39分ラインアウトモールからトライと、39-0として前半が終了した。

後半に入っても中部大学の優位は変わらない。
後半5分⑮長谷川、8分③石井、10分⑪鵜飼、16分①藤井と攻撃が爆発、59-0と圧倒する。
札幌大学はひたむきな防御でなんとか活路を見いだしたいが中部大学の早いテンポと激しいコンタクトに対応できない。
すると中部大学は、選手を入れ替えながら攻撃の勢いを止めない。
後半20分⑪鵜飼、25分⑧原田のトライ(いずれもコンバージョン成功)で73-0とする。
一矢報いたい札幌大学は相手ゴール前まで地域を進める。
ラインアウトモールで前進、再度ペナルティーを得るとタッチキックを選択、再度ラインアウトを得るもノットストレート、チャンスを失う。
一方、中部大学は落ち着いて対応する。
後半33分⑫東野、38分⑯新賽、40分⑪鵜飼のトライと着実にトライを重ね88-0。16トライの猛攻で中部大学が勝利した。

(文責 早坂一成)

フォトギャラリー

撮影者:清水良枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

11月19日(日)
立命館大
摂南大学
天理大学
京都産業
関西大学
関西学院
近畿大学
同志社大学

LINE_800

ページ上部へ戻る