1月2日(月) 全国地区対抗大学ラグビー大会 中部大学 38−28 大阪学院大学

ws_l1953
第67回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 1回戦
中部大学 vs 大阪学院大学

2017年1月2日(月) 13:20キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
中部大学 大阪学院大学
38 FULL TIME 28
14 前半
24 後半 21
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

風もなく、心地よい気候の中、中部大学のキックオフでゲームがスタート。
試合開始4分間、中部大学が接点を一つ一つ前に出し、②牛丸が先制トライ(ゴール成功)、で7-0とする。
その後、20分間の一進一退の状態が続いたが、前半25分、中部大学がその均衡を破り、⑨池邊が中央にトライ(ゴール成功)、14-0とする。
大阪学院大学は、前半36分、我慢して攻撃を継続、ラインアウトからのアタックで、⑧森岡が中央にトライ(ゴール成功)、14-7と中部大学に迫る。
お互いにディフェンスが良く、得点が少なく、14−7で中部大学がリードして前半が終了。

後半始まってすぐに、一人一人に勢いのある中部大学が1分で、㉑三上がトライ(ゴール成功)、21−7とする。
中部大学は、続けて、後半4分にも⑮長谷川がトライ(ゴール成功)を取り、28−7と点差を広げる。
さらに、後半8分、中部大学⑬岡本がトライ、33—7で中部大学が大阪学院大学を突き放す。
しかし、大阪学院大学も突き放されまいと、後半10分に、1トライ(ゴール成功)を返して、33-14とする。
大阪学院大学はトライを取るも、中部大学の圧力にDFが我慢できなくなり、後半14分にトライを取られて、38−14と再び突き放されてしまう。
そこから、大阪学院大はトライをもぎ取り、後半19分、⑤今仲がトライ(ゴール成功)、38-21。
さらに、後半28分には、中部大学が攻め込み続けたが、大阪学院大学がインターセプトし、そのまま、80mをパスでつなぎ、最後は㉓餅田がトライ(ゴール成功)、28−38と流れを掴む。
しかし、最後は中部大学がボールをキープし続けて、38−28で勝利を挙げた。

(文責:竹腰浩司)

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

LINE_800

6月17日(土)
日本
22
50
アイルランド
6月18日(日)
京都産業大学
66
19
京産大G

同志社大学

2017anzen

ページ上部へ戻る