1月2日(月) 全国地区対抗大学ラグビー大会 鹿児島大学 42-19 東北大学

ws_l0282
第67回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 1回戦
鹿児島大学 vs 東北大学

2017年1月2日(月) 10:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
鹿児島大学 東北大学
42 FULL TIME 19
21 前半
21 後半 14
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

暖かな冬の陽射しのもと、鹿児島大学のキックオフで試合開始。
序盤,硬さの目立つ鹿児島大学は反則を繰り返し、東北大学が着実に地域を進めていく。
そして、前半4分、相手ゴール前のラインアウトからモールを組んで、最後は②戸田がトライし、0-5と先制する。
しかし,そこから鹿児島大学はスクラムの優位性を生かし、さらに東北大学のタックルが甘くなったところをついて、徐々にペースをつかんでいく。
前半16分,相手陣22m中央付近のラックから⑨赤坂が抜け出して中央にトライ(ゴール成功)し、7-5と逆転に成功する。
ここからさらに鹿児島大学がボールを保持する時間が長くなり、前半27分、⑮三浦(ゴール成功)、前半35分⑧中山(ゴール成功)と2つのトライを加えて21−5とリードし、前半を折り返す。

後半も,開始早々から鹿児島大学のペース。
後半7分に危険なタックルによる一時退出で、鹿児島大学が一人少ない状況になるも、後半10分に相手陣22m付近のラインアウトから継続して攻撃を仕掛け、最後は⑧中山がトライ(ゴール成功)し、後半最初の得点をあげ、28-5とする。
さらに、後半14分にも東北大学のタックルが甘くなったところをついて⑫保田がトライ(ゴール成功)し、35-5と確実にリードを広げていく。
ここで気が緩んだのか、ここから鹿児島大学の攻撃が少し雑になっていく。
そこに東北大学がつけこんで、後半29分、⑩奥山(ゴール成功)に続き、後半40分、⑥船田(ゴール成功)がトライをあげ、35-19と点差を縮めていくが、反撃もここまで。
鹿児島大学は試合終了直前に自陣から攻撃を継続し、最後は⑭久津輪が駄目押しのトライ(ゴール成功)。
42−19で勝利をあげ,準決勝一番乗りを果たした。

(文責 大林直之)

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

2017anzen

4月29日(土)
摂南大学
13
:
00
摂南大学G

関西学院大学
アジアラグビーCS
日本
14
:
07
秩父宮

韓国
スーパーラグビー第10節
Highlanders
16
:
35
FMG
Stadium

サンウルブズ
帝京大学
13
:
00
長良川
メドウ

大東文化大学
4月30日(日)
京都産業大学
12
:
00
京産大G

龍谷大学
5月6日(土)・7日(日)
 
:
 
一宮市
光明寺公園

5月21日(日)
10
:
00
福知山市
戸田地区

同志社大学
14
:
05
早稲田大学
5月28日(日)
天理大学
13
:
00
早稲田大学
6月10日(土)
立命館大学
14
:
00
天理大学
6月11日(日)
神戸製鋼
サニックス
6月17日(土)
日本
14
:
00
アイルランド
ページ上部へ戻る