10月1日(土) 1stステージ第3節 NTTドコモ 107-0 ユニチカ

yamaguchi-10トップウェストAリーグ 1stステージ 第3節
NTTドコモ VS. ユニチカ

2016年10月1日(土) 11:30キックオフ グラウンド:万博記念競技場
NTTドコモ ユニチカ
107 FULL TIME
52 前半
55 後半
勝点
5
詳細
(PDF)
勝点
0

マッチレポート

9月10日に開幕した1stステージも折り返しの第3節。JR西日本、大阪ガス戦の2試合で共に大量得点を挙げて圧勝しているNTTドコモと、前節中部電力に19-26とあと一歩まで迫ったものの惜敗し、まだ勝ち星のないユニチカとの一戦。
トップリーグ第5節との併催の万博記念競技場で行われた一戦は1000人を超すファンの見守る中、NTTドコモのキックオフで開始された。

yamaguchi-01

前半まず先制したのは、やはり格上のNTTドコモ。6分にゴール前15m付近で右展開、ラインブレイクしたFB15番才口將太が右中間に抑え難なく先制した(ゴール成功7-0)。

その後はユニチカFWも健闘、接点で競り勝ちBK展開を図る。しかしハンドリングエラーなどで数少ないチャンスを生かせない。NTTドコモも絶対的なチャンスを作るがイージーミスを連発、膠着状況が20分近くまで続く。

yamaguchi-04

20分、NTTドコモはゴール前5mの左ラインアウトからモールを形成。最後は右PR3番指田宗孝が左隅に抑えて12-0とする。ここからは一方的なNTTドコモペース。

中盤からはBKが大きく展開、ゴール前ではFWのパワープレイで得点を挙げる。2分間に1本のペースでトライを重ね、合計8トライ6ゴールの52-0で前半を終えた。

yamaguchi-13

後半もNTTドコモの勢いは衰えず、FW、BK一体となって次々とトライを重ねる。時折NTTドコモのハンドリングエラーなどの隙を突いてユニチカも反撃を試みるが、得点には至らない。

後半だけで9トライ5ゴールを重ねたNTTドコモが、CTB12番パエア ミフィポセチとFB15番才口の各4Tを含め大量107点を挙げ、前節の大阪ガス戦に続く100点ゲームで3連勝した。

bh3r1413

昨年までのトップリーグチーム、再昇格を目指すNTTドコモの大量得点は磐石の試合運びとなったが、果たして真のチーム力強化に繋がっているのか。
トップリーグを支えるべき地域・下部リーグの在り方に関して一石を投じるゲームとなった。

(記事:石川 悟、丸井康充)

フォトギャラリー

2016年10月1日(土) NTTドコモ 対 ユニチカ 撮影:山口勝一

2016年10月1日(土) NTTドコモ 対 ユニチカ 撮影:住本洋之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

10月21日(土)
近鉄
10
17
NEC
豊田自動織機
24
33
トヨタ自動車
クボタ
5
35
ヤマハ発動機
10月22日(日)
NTTドコモ
36
14
キヤノン
神戸製鋼
10
15
リコー
立命館大
京都産業
関西大学
同志社大学

LINE_800

ページ上部へ戻る