8月30日(土) 1st・第2節 神戸製鋼 26-3 近鉄

神鋼v近鉄 (13)

トップリーグ 1stステージ・第2節 神戸製鋼 VS 近鉄

2014年8月30日(土) 18:00キックオフ グラウンド:神戸ユニバ 入場者数:5,373人 天候:晴れ
レフリー:ギャラット・ウィリアムソン(NZ)
アシスタントレフリー:橋元教明/落田佳宏/岡田欣久
神戸製鋼
コベルコスティーラーズ
Kobelco
近鉄
ライナーズ
Liners
26 試合前 3
 13 前半 3
 13 後半 0

 

◎レポート

 2年ぶりの阪神ダービーは、開場30周年を迎える神戸ユニバー記念競技場で、ニュージーランドから招かれたウイリアムソンさんの笛で行われた。

先攻したのは、近鉄18分にPGでリードする。しかし、その後は神鋼ペース、PGを2つ返し6-3と逆転し、さらに、前半終了直前には、⑩正面のランでT/G、13-7として折り返す。
後半も神鋼がPGで先制し、9分には、相手のPKからタップキック、NO.8谷口につなぎ、T/G、さらに1PGで加点し、終わってみると思わぬ点差の26-3。

近鉄前田監督は会見で「神鋼は変わった」と述べたが、勝利への‘飢え’がプレーに具現化された神戸製鋼は、その潜在能力と相まって目の離せない存在に変貌しつつある。MOMは、神鋼 ⑩ 正面健司。

新任の神鋼ギャリー・ゴールドヘッドコーチの談話:難しい試合だったが、それを巧くマネジメントできた選手達を誇りに思っている。全体を通して相手陣でプレーすることが出来た。試合終盤でもキックチェイスが出来ており、ディフェンスも良かったと思う。

◎フォトギャラリー

 


(レポート:水野正蔵 写真:小巻真司 広報担当:廣島治)

[table “23” not found /]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る