10月3日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 1回戦 トヨタ自動車 14-30 神戸製鋼

10月3日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 1回戦 トヨタ自動車 VS. 神戸製鋼

DSC_2285

 

2015年10月3日(土) 14:05キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
レフリー:平林泰三 (日本協会A)
アシスタントレフリー:家近賀壽夫 / 宮本昌樹 / 谷之口尚大
トヨタ自動車
ヴェルブリッツ
神戸製鋼
コベルコスティーラーズ
14 FULL TIME 30
6 前半 3
8 後半 27
詳細
(TL公式)

◎マッチレポート

プレシーズンリーグもいよいよ決勝トーナメント。晴天に恵まれた花園での1回戦はプールA1位のトヨタ自動車とプールC1位の神戸製鋼との対戦になった。

試合は神戸SO山中亮平のトヨタ陣奥深へ蹴り込んだキックオフで始まった。インゴールに入ったボールをタッチに逃げようとするトヨタのキックを神戸キャプテン右FL橋本大輝がチャージ。いきなり得点かと会場をわかす。試合開始から8分間、神戸は連続で攻撃をしかけるがゴール前5mでのトヨタの堅いディフェンスが凌ぎ切り得点を許さない。前半10分、トヨタはBDからターンオーバーし自陣から神戸陣に攻め込み、ゴール前30m左中間で得たPGをSO文字隆也が決めて3-0と先制する。15分にも同じ位置からPGをSO文字が決めて6-0とリードをひろげた。32分、神戸は20フェイズを重ねた後、インゴールへキックパス。惜しくもポストに当たりトヨタにキャツチされドロップアウトとなる。2本のPGのチャンスを逃した神戸はロスタイムに入った42分、ゴール前30m左隅PGをSO山中が決めて6-3として前半を終えた。前半は神戸の攻撃をトヨタが堅いディフェンスで凌ぐ試合展開だった。

後半5分、神戸はゴール前20m中央ラックより後半から入ったSH㉑アンドリュー・エリスがSO山中に繋ぎ、絶妙の右キックパスを右WTBアンダーソン・フレイザーがインゴールでキャッチし、この試合初のトライを右中間に押さえ6-8と逆転した。11分、トヨタは22mLポスト左からのPGをSO文字が決め9-8と再逆転。19分、神戸は自陣10mL右でラックからターンオーバーし、SH㉑エリスから右WTBフレイザーに繋ぎ、そのまま60m独走して中央へトライ。SO㉒田邊秀樹がGを決めて9-15。またまた試合をひっくり返した。26分、神戸はゴール前35m中央からSO㉒田邊がPGを決め9-18と引き離しにかかる。

33分、ゴール前15m左中間スクラムからNo8前川鐘平がサイドアタックし相手のタックルを振りほどき左隅にトライ、9-23と追加点をあげた。しかし諦めないトヨタは37分、10mL右中間からモールで押し込みNo8タウフォ・オリヴェが持ち出し右隅にトライし14-23と追い上げる。一方、神戸は40分、BDからターンオーバーし連続で攻撃、ゴール前5m右中間まで前進してラックからSH㉑エリス、右WTBフレイザーと繋ぎ中央にトライ、GもSO㉒田邊が決めて14-30として勝利した。二転三転したおもしろいゲーム展開、両チームのFW対決、セットプレーからの攻撃と防御、我慢比べと、非常に見ごたえのある試合だった。MOMには神戸製鋼コベルコスティーラーズの右WTBアンダーソン・フレイザーが選ばれた。

会見ダイジェスト

トヨタ自動車ヴェルブリッツ
菅原大志監督
今日のゲームは大阪だったが豊田からも多くファンに駆けつけていただき、トヨタの変わった部分を見せることができた。前半はセットプレーやディフェンスの時間が長かったが、良いプレーも多く見られたし、トヨタらしく激しく神戸の激しいアタックを凌ぐことができた。ただ後半については、やはり最後のところで神戸に持っていかれてしまったことは残念だった。今日のゲームで感じたことはやはりセットプレーが重要であり、トヨタも基本部分を重視して取り組んできたにもかかわらず、最後の時間帯には基本部分がとても重要になると改めて実感できた。来週の東芝戦に向けて、この一週間でもう一度基本部分とセットプレーの両面を強化し、良いゲームをするとともにレギュラーシーズンにつなげていきたい。

滑川剛人ゲームキャプテン
今シーズン初めての大阪での公式戦で、多くのファンに応援してもらえてとても幸せだった。試合の内容としてはやはり神戸製鋼の強いFW、巧いBKにプレッシャーをかけられた。ただ前半はトヨタの進化したアタック、ディフェンスを見せることができた。後半は神戸製鋼のプレッシャーを受けてこのような結果になったが、このプレッシャー下でトヨタのラグビーをやりきるために、今後一週間でもう一度トヨタらしさを取り戻し、東芝戦に臨みたい。

――レギュラーシーズンに向けての課題、目標は?

菅原監督
今年のプレシーズンリーグを良い機会ととらえて、春からやってきたトヨタのベース・ゲームがあと1試合できることで、レギュラーシーズンに向けたトヨタの基盤を強化していきたい。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ
アリスター・クッツェーヘッドコーチ
最初は非常にタフな試合だった。トヨタは大きくフィジカルなチームで、とても良いプレーをしていた。スタートが良くなければプレッシャーを受けてしまう。前半開始直後には得点のチャンスがあったが、そこをモノにできなかったことで流れが大きくトヨタに傾いた。そこでフラストレーションをかかえてペナルティを重ねてしまった。ただ前半の最後の10分間と後半はとても良いプレーができた。ボールを持ってアタックする際にプレッシャーをかけ続けることができた。フィットネスとコンディショニング両方で、最後の最後まで強いパフォーマンスをキープしながら戦うことができた。プレシーズンリーグではあるが、チームとしての良い勢いは作ることができており、決勝まで進めたことはとても良い結果である。

佐藤貴志選手
フィジカルに強いトヨタ相手にこのような良いゲームができて、自分たちの強みを再確認することができた。また選手全員が自信を持てるゲームであった。内容的にはこの試合を、次の相手に対してもう一度再現していくことが我々の役割である。

――ハーフタイムでどういう指示を出したか?

クッツェーヘッドコーチ
まずは我慢しようと話した。前半もやるべきハードワークはきちんとできているので、我慢することとプランを守り続けることを完遂しようと話した。

 

(記事:鈴木博之、石川悟、丸井康充 写真:山口勝一、林美菜子)

フォトギャラリー

2015年10月3日(土) トヨタ自動車対神戸製鋼 ■撮影:山口勝一


2015年10月3日(土) トヨタ自動車対神戸製鋼 ■撮影:林美菜子

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

関西大学春季トーナメント
1回戦
大阪体育大学 12-63 立命館大学

京都産業大学 38-29 近畿大学

天理大学 74-5 摂南大学

同志社大学 69−0 関西学院大学

2回戦
5月19日(日)
14:00K.O.
天理大学 43-12 同志社大学

ページ上部へ戻る